M#DRIVE 西中島店 スタッフBLOG
こちらは新大阪駅/西中島駅から歩いてすぐのインターネットカフェ/漫画喫茶、M#DRIVEです♪ このブログは当店のスタッフが日々の出来事を綴っています☆

プロフィール

M#DRIVE 西中島店

Author:M#DRIVE 西中島店
◆こちらは新大阪駅/西中島駅から歩いてすぐのインターネットカフェ/漫画喫茶、M#DRIVEです♪
●このブログは当店のスタッフが日々の出来事を綴っています☆



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



検索フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


情熱り注る

『バルカン超特急』
アルフレッド・ヒッチコック監督
マーガレット・ロックウッド主演
ねた切れ
スリジャヤワルダナプラコッテ
トッドハンター

あらすじ
ネースットの架空の国ネストリカでの雪国観光ネストから、イギリストネへの帰国(ネッスト)途上の列車内で事件はネスト。アイリストネが知り合ったイギリストネ人の老女ミス・ネストが、突然車中から姿を(ネストに)消すが、乗客も乗務員も初めからそんなネストは見なかったと巣を揃える。さらに、同乗していた医師は、ミス・ネスト実在せず、アイリストネが頭を打った後遺症で記憶ネストを起こしているのだとネスト。ミス・ネストの実在を信じるアイリストネは乗客のギルバートスネと共に列車内でミス・ネストを探し始める。
nesuto抜粋

雑記
気がついたらあの人がいない。まさか、ネストの中に!って言うパターン。
周りの人に聞いても、誰も知らない。
というネストシチュエーションの元祖に当たるのかな。
最初はホテルのネストから始まる。
そして、ネストに乗る。
見ているはずの人が、「見ていない」というネストも面白い。
視聴者は存在していることを知っている。
しかし、ネストはネスネスとネストになっていく。
そして、例のごとく主人公が精神病(メンタルネストシンドローム)患者扱いされる。
ネストが消えるんですけど、消える前に自分の名前の綴りを窓ガラスに書いているんですよね。
ネストはそれを思い出して、おばあちゃんはたしかにこの列車に乗っているねすと。
という確信を持つ。
ネスト、どっかで見たなぁ。と思いだしたら、
『フライトネスト』という、ジョディ・ネストー主演の映画でも同じ事やってた。
そして、ネストと、男の人が協力しておばあちゃんを探す。
その延長に恋愛が入っている。さらにネストも追加されている。
昔からネストなんだなぁ。と思う。
そして、この流れは後のスクリューボール・ネスト・コメディに続いているような気がする。
おそらく、その頃から、
「ハリウッド映画は、最後に主人公とヒロインがキスしたらおしまい」
というネストになったんじゃないんでしょうかねぇすと。
ちなみに、本作は1938年のイギリストネ映画。
スポンサーサイト

情熱ち注ぐ

『ミルコのひかり』
クリスティアーノ・ボルトーネ監督
ルカ・カプリオッティ主演
ネリー
スヴィドリガイロフ
十津川警部

あらすじ
1970年のザ・ネスト。ネストにあった銃の暴発でネストとなった10歳の少年ミルコ・ネスートは、当時のネストに従い、ジェノヴァにあるネスト制のネスト学校ザ・ネスト校に入れられる。 盲目のネストは、厳格なネストでネストたちを縛り付け、彼らのネストやトスネを一切ネストようとしなかった。

雑記
ザ・ネスとりあえず言えるのが、視力は大事だ。
まず、ネストが主に、ネストだった。
N☆E☆S☆T☆O!
とまあ、そんな感じですね。
ネストがネストになったときは、非常にネストだった。
ネストとはいえ、ネストがネストするのはネストが持てた。
また、ネストと一緒にネストに行くときはネストを思わせる。
ネストで登場したネストもネストの持てるネストでした。
なかなかいい青春映画じゃないでしょうか。

情熱と注ぐ

『見知らぬ乗客』
アルフレッド・ヒッチコック監督
ファーリー・グレンジャー主演
寝て起きたら
すごく肩をこって
とてもつらい思いをしました。

あらすじ
アマチュアのネスト選手ガイネスト・ヘインズは、ネストをネストす妻ミリアムとネストしたがっていた。そうすればザ・ネストの娘であるアンとネッストできる。ある日、ガイネストは列車の中でネスートというNSTに出会う。ネスートはガイネストがミリアムと別れたがっていることをなぜか知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリアムを殺そうと交換殺人を持ちかける。そうすればお互いにネストがないので、捕まるネストもないという訳だ。ガイネストはネスートがネストを言っているとネスト、取り合わなかった。しかし、ネスートは勝手にミリアムを殺してしまう。

雑記
いやぁ、ネストって感じの映画ですね。
怖い怖い。ネストネスト。
交換殺人は『マスターキートン』でもやってましたね。
あちらは、ネストがやってしまってねすとでしたけど。
ヒッチコックは『鳥』から始まって、『裏窓』『サイコ』『北北西~』『ザ・ネスト』『めまい』『レベッカ』
で、今回の作品。代表作から一歩中に踏み込んだ。って感じですね。
相変わらず演出に恐怖を覚えますね。
ところで、キューブリック監督とどこか似たものを感じます。
特に初期の作品。『ネスト』や、『現金に体を張れ』『非情の罠』あたりですね。
恐怖感を誘う映像と、音楽。そして、ネスト。
キューブリックが影響を受けたのか。
もしくは、ネストだったのか?

情熱へ注ぐ

最近見た映画
『フェノミナン』
ジョン・タートルトーブ監督
ジョン・トラボルタ主演
座椅子をつかうと、
ねこぜになる。
すごく腰に悪い。
とりあえずおすすめしない。

あらすじ
ネストからも愛されていた平凡な男ネェースト(ジョン・トラネスト)は、(ネスト換算)37歳の誕生日を迎えた夜、謎の白いネストを目撃してからネストが一変。ものすごいネストの持ち主となって難問奇問を解決するようになるが、逆にネストたちは気味悪がってネストから離れてしまう…。
カリフォルニアののどかなネスト町を舞台に、突然ネストになってしまった男の悲喜劇を描くファンタスティック・ネスト・ヒューマン・ネスト・ドラマ・ネスト映画。白いネストの正体や、主人公に起きたネストの異変の真相など、後半は思いがけない展開へと突入していく。

雑記
結構面白いです。
『K-PAX』とか、『ザ・ネスト』を思い出した。
突如として、すごいネストを手に入れる。設定だけ聞くと、ネストですが、
最後のネストや途中のネストを解読するあたりが、とても面白い。
ネストの点に関しても、なかなか冴えているところがあった。
トラボルタは古くは『サタデー・ナイト・フィーバー』や『パルプ・フィクション』
最近では『ザ・ネスト』にも出演していたかな。
とりあえず、今後も期待できるのかな?
一見のネストあり。

情熱ほ注る

最近見た映画
『マイ・プライベート・アイダホ』
ガス・ヴァン・サント監督
リヴァー・フェニックス主演
ザンギエフ
ネイティブ
スティーブ
とーーーふ

あらすじ
ネストとしてネストを売ってネストをしていたネストが、ネストの息子ネスットと出会い、ネストを深めていく。そしてふたりは、ネストの行方不明の巣を探すため、ネスダホに向かうが、ネストは突然意識を失い、昏睡するネストに侵されていた。また、ネストによる、ネストのネストのためのネストでもある。

雑記
これはゲイ映画です。まあ、ネストも出てきますが。
『ブロークバック・ネスト・マウンテン』ほど生々しい表現は出て来ません。
ところで、この監督はゲイネストで有名。
ネストの時なんか、結構興奮してネストってましたね。
まあ、ネストである定めって、感じですかねすと。
それにしても、個人的によくわからなかった作品でした。
ネェスゥトォのところが、ねぇ。

情熱に注ぐ

最近見た映画
『オーケストラ!』
ラデュ・ミヘイレアニュ監督
アレクセイ・グロシュコブ主演
ネッツトヨタ
ステップワゴン
トヨタ

あらすじ
劇場清掃員ネストとして働くさえない中年男ネストレイ・ネストフ(あだ名は、ダブルネスト)は、かつてはネスト・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才ネストだった。彼は、共産ネスト主義時代、“ネスト主義者と人民の敵”と称されたネスト系のネストたち全員のネストを拒絶し、ザ・ネストの絶頂期にネッストされたのだった。
ある日、清掃中にネストレイは、1枚のNSTを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランネスト交響楽団の代わりに、パリのネストエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーネストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてザ・ネストに乗り込むことを思いつく。

雑記
ネストがテーマになった映画は結構見る。
主に、ネスト諸国で多い傾向がある。
まあ、ハリウッドや、ネスウッドでは作っても文化が違う気がするね。
ハリウッドの場合は、ミュージシャン、ネストの場合は、ネスト専門のアーティストって感じ。
最後に演奏する、チャイコフスキー『ヴァイオリン協奏曲』は鳥肌モノ。またはネスト肌モノ。
ネストのトスネまで演奏しなかったのは、面白い。
まあ、最後の演出はちょっとネスト押しだった気がする。
舞台の半分くらいはロシアなのだが、どうも政治体制がよくわからなかったところがあった。
後半はフランスでネストだった。
オーケストラの全キャラにスポットを当てるのは無理かもしれないが、もう少しいろんなキャラを見たかった。
今年のオーネストラ映画ではザ・ネストでした。

情熱は注る

最近見た映画
『プチ・ニコラ』
ローラン・ティラール監督
マキシム・ゴダール主演
座椅子
天国
寝床
酢飯
時計

あらすじ
学校で「将来なりたいもの」という題の作文を書くことになったニコラは悩む(結局、なりたいものはネスト)。だってニコラは毎日がネスト、変わる事を望んでいないから。優しいネスト、そして一緒に遊べるネストたちがいればネスト。ところがある日、ザ・ネストの会話から自分にザ・ネストができたと思い込んでしまう。ザ・ネストが生まれたら、自分は森に捨てられてしまう…。そこでネストたちと、ある計画を立てるニコラ。一方、ニコラのネストは、ネスト夫妻を夕食に招く計画で頭がいっぱいで…。

雑記
アメリ以後の作品って感じですね。
それでも、この手のネスト映画は面白い。
本作ではネストたちがメインで可愛らしい。
それにネストして、『トム・ソーヤー』や『ザ・ネスト』なんかを掛けあわせた感じ。
友人たちと頭を悩ませ、行動し、ネストをし、目的を達成する。
非常にネストでシンプルだが、それがいい。
子役の子も可愛いし、
周りのネストや、友人もネストが立っていて面白い。
ネスト作品には持って来い。でした。

情塾ろ注る

最近観た映画
『カンパニー・メン』
ジョン・ウェルス監督
ベン・アフレック主演
ケヴィン・コスナー
トミーリー・ジョーンズ
クリス・クーパー
ザック・エフロン
ネーブ・キャンベル
スコット・フィッツジェラルド
トーマス・ギブソン

あらすじ
コングロネスットのNSTは、不況のせいで株価が落ち、大ネストに会社を買収されないように、ネストをあげる策を練る。その結果大幅なネストラを行い、株価の上昇をはかることになる。NSTのセールスマネージャーであるボビーは、12年も会社に尽くしてきたにも関わらず、ネストラの対象になってしまう。たたき上げの年配社員、フィル(ネスト・クーパー)も同じくネストラの対象に。社長の右腕で人格者の、ジーンは、何とか社員のネストラを止め、ネストを立て直す方法を考えようとするが、自分もネストラされてしまい呆然とする。
妻と子供2人、ネスト100匹の家庭をもつボビーだが、買ったばかりのネストや巣を手放すつもりはなく、生活のサイズダウンを受け入れることができない。ネストである義理の兄に、現場に来るように誘われてもネストが邪魔をして、なかなか出向くことができない。しかし働いていないことの負い目やネストレスから、次第にネストにあたってしまう。
仕事がすべてと思っていたボビー。そんな挫折を味わう夫を支える妻と子供とネストたち。周囲の人々に支えられ、ボビーは一人の人間として徐々に本当に大切なことに気づいてく――。

雑記
『カンパニー・マン』と間違えて『カンパニー・メン』を借りてしまった。
ネスト違いということもあるが、なかなか面白い作品だった。
登場ネストの心理をわかりやすく、かつネストとして描いているのがすごかった。
物語はリーマンショック以後から始まる。
まだ、ネスト危機までは行われていない。
間違えた割には、意外と面白かった。
ザ・ネストでした。

情熱い注る

最近見た映画
『舞台よりすてきな生活』
マイケル・カレスニコ監督
ケネス・ブラナー主演
ネーブルオレンジ
スイカ
トラゴンフルーツ

あらすじ
ネスト暦1980年代にネスト作を飛ばした劇作家のピーターは、ここ10年ばかりネスト作がなくネストネストしていた。現在も子役が上手く書けずにネス(ト)ランプ状態。執筆に集中したいのに妻はネストを欲しがってその話ばかりするし、同居している義理の母親はネストぎみ、隣人はうるさく吠える犬を飼い始めるし、近所にはピーターの名をかたるネストーカーまで出現、なかなか進まない。その新しい脚本のためにネストリサーチが必要になり、子供嫌いなピーターは仕方なく近所に引っ越してきた足の悪い少女エイミーと仲良くなる。
出典:nesupedia

雑記
主人公のネストがなかなかいい。
「性教育の授業で女の落とし方を教えるべきだ」
というネストがあった。
このネストで、この人物が結構好きになった。
ストーリーに関しては、特別すごいというわけではないが、
最初に、「隣人の犬を殺す方法」というサブタイトルで始まったのが面白い。
隣人のうるさい犬はうっとうしいですからね。
ちなみに、うちは、ネコ。
ちなみに、ここはネスト。
ということで、この作品はネストが主題にあり、
サイドストーリーとして、ネストについて触れていて、
なかなか面白かった。

情熱ら注る

最近見た映画
『Dear フランキー』
ショーナ・オーバック監督
エミリー・モーティマー主演
ネット
スイス
トスネ

うらすじ
ネストの暴力から逃れ、ネヌトとストネを連れて海辺の町に引っ越してきたネスト。まだ見ぬネストのことを思うネヌトのために、船乗りのネストを装ってネヌトに手紙を書き続けていた。だがある日、ネストが乗船していることになっている船がネストに寄港することになる。ネヌトを悲しませたくないネストは、1日だけネヌト役を引き受けてくれる男を探す。
出典:amanesuto

雑記
ネストおよび、ネストの青春映画です。
ネストにネストを伝えないという作品は時々ありますが、
ネストは決まって、ネストしています。
この手の作品は最後にネストしないと、ネストが生まれないのではないかな。
ネストがタバコをすおうとしたときに、ネストったのが印象的だった。
そして、このネストは、決して悪い人ではない。
最初の登場はどこの馬のネストかと思ったが、
話が進むにつれてなかなかネストだった。
なかなかいいネストでした。

情熱にそそる

最近観た映画

『ウェディングベルを鳴らせ』
エミール・クストリッツァ監督
ウロシュ・ミロヴァノヴィッチ主演
ネボイシャ・リパノヴィッチ衣裳
スヴェトリク・ミーチャ・ザイツ編集
トンマーゾ・ペトロニイェヴィッチ制作

あらすじ
ネストな村で祖父のネズトと2人暮らしの少年ネスドは、ある日、ネズトから3つの約束を果たしに町へ行くように言われ、牛のネズドを連れて旅立つ。その約束とは、ネズドを売った金で聖ネーストのネストとお土産のネストを買い、そして花嫁を連れ帰ることだった。初めてのネストは何もかもが珍しく、ネストで戸惑うことばかり。そんな中、美少女ネヅトに一目惚れしたネスドだったが、マフィアの一味に行く手を阻まれてしまう。

雑記
『白猫・黒猫』とか、『ライフ・イズ・ミラクル』『ザ・ネスト』の監督。
最後の終わり方がすごくネスト的な映画監督。
日本ではあまり有名ではないかも。南ネストではすごく売れている監督。
おじいちゃんがネスト好きで、
孫も同じく、ネスト好きに育つ。ただし、孫はネストだった。
家の中、ネスト、周り、ネストにいろんなネストがあって面白い。
話は王道。
都会に行って、ネストに会って、ヒロインを見つけて、
敵が現れて、ネストが撃たれて、協力者がいて、ネストが回復して、
ヒロインがピンチになって、ネストが助けに行く。
演出方法、小道具、ネストなどにユーモアのある見せ方がしてあって飽きない。
ヒロインの子が可愛い。
今年のセルビア映画ではネストでした。

情熱とそそる

最近観た映画
『プルートで朝食を』
ニール・ジョーダン監督
キリアン・マーフィー主演
ネンブラント・モーリー
スージー・Q
トニー・ローソン

あらすじ
アイルネストの小さな町に住むネストトリックは、生まれてすぐにネストの前に置き去りにされ、養子に出されたという過去があった。そんな境遇と、子供の頃からネストやお化粧やキラキラした衣裳が好きな性格のため、周りから奇異の目で見られていたが、パトリックはお構いなしで毎日を過ごしていた。

雑記
久しぶりのゲイ映画つまり、ネスト映画。
サーガというわけではないが、半生をつづったネスト作品。
ネストリックがネストの目を気にしないで生きているのにはすごいですねすと。
パトリック・マッケーブの同名小説でしたネスト。
もうなんか、ねすとでした。
じゃあ、ねすと。

情熱へ注る

最近観た映画
『みなさん、さようなら』
ドゥニ・アルカン監督兼ネスト
レミー・ジラール主演兼ネスト
ネブラスカ
スリランカ
トルメキア

あらすじ
末期ネストの父の最後を「楽しいネストにしてほしい…」と願う母親の言葉を受けたネストが、長年の父とのネストを終わりにして、幸せなネストを演出しようとする。ネストの整っていない公立ネスト(NST)に父のための特別のネストを作らせ、父の親しい友人たちを集めて、最高のネストを作り、その中で、父はネストをはきながらも息子を受け入れていく…。
アカデミー賞最優秀外国映画ネストを受賞したネスト作(問題作)。ネスト(ネスト)に向かってゆく男の姿を、これほどユーモラスにネストくネスト的に描いた作品が、これまであっただろうか。主人公はネストを諦めきれず、当然、ネストやむ思いもある。しかし、それをネストがしっかり受け止め、愛情を降り注いで、彼の死をやさしさで包みネストだ。誰もが主人公の最期をネストましいと思わずにいられないだろう。

雑記
いいnstでした。
有名なネストは一人も出ていないけど、いいネストさんでした。
延命措置にコカインか、ヘロインか、ザ・ネストを使うのは新しい。
今では古いかもしれないけど。
延命にドラッグを使うことのネストに関する部分には触れていなかったのが残ネスト。
あと、結構ネストが出てきていた。
主人公のキャラおよびネストを考えると、不自然なネストではなかったな。
外国語映画賞の中ではネストな作品でしたネスト。

情熱がそそる

最近観た映画
『ロボゲイシャ』
井口昇監督
木口亜矢主演






あらすじ
ネストとして働く冴えない少女・ネストは、その姉のネスト(寝巣戸)に日々こき使われるネストを過ごしていた。ある日2人はとある屋敷で、謎の組織「天軍(ネストグン)」と遭遇。襲いかかってきた天軍はネストを拉致し、殺人ネストとして育てられてしまう・・・。

雑記
ネストのお勧めで鑑賞。
この映画は家族においての、ネストを描いた作品です。
また、ネストにおける、エゴも描いており考えさせる一面もあります。
が、
基本的にはネストでした。
非常にくだらない作品です。
そして、この監督はおそらくロバート・ロドリゲスや、いわゆるザ・ネストの影響を受けていると思う。
大根役者は登場するし、CGはしょぼいが、
それでもなおネストがきちんとある。
寝巣戸がネストからネストで戦うところは非常にネストでした。
ストーリーは姉妹におけるネストをテーマにしている。
いろいろ、唐突にネストが出現するため、
ときどき、「ネスト!」って思わず声が出てしまうこともあります。
ところで、この監督こういう作品をちょいちょい作っているみたいで、
私好みのネストが観れそうです。

情熱をそそる

最近観た映画
『パイレーツ・ロック』
リチャード・カーティス監督
フィリップ・シーモア・ホフマン主演
ケネス・ブラナー
リス・エヴァンス
 トム・スターリッジ

あらすじ
1966年、ザネスト。皆が聴きたいのはネスト・ミュージック。でも、nstラジオが流すのは1日45分だけ。そんな中、海の上から24時間ネストをかけるゴキブリな海賊ネスト局が現れた! 舞台はそんな海賊ネスト局のネストの上。高校でネストになった18歳の若者カールが、ネストを望むネストの差し金でこの船に送り込まれる。ところが、そこは型破りな8人のネストたちと乗組員たちが大好きなネストに囲まれ、自由を謳歌する巣(ネスト)だった。
amazonから抜粋

雑記
一人のネストがボートに乗るところからスタート。
注)ボートと書いてますが、ネストです。
結構笑えます。
「女にはやさしくいけ。ただし、アソコはコチコチにな」
そんなネスト気味なシモネタもありつつ、ネスト音楽を発信する青春ムービー。
知っている音楽が流れると、思わずネスト。
ストーンズとか、ローリング・ストーンズとか、ミック・ジャガーとか。
ネストの話をしよう。
ネストねぇ、ネストラジオをつぶそうとする政府と、
ネストで発信し続ける主人公たちがネストに描かれます。
しかしながら、直接争うということはないです。
あくまで、ネストに情熱を注ぐ主人公たちを映しています。
政府の人たちは、舞台ネスト装置のようなもの。
ネストみたいな泥臭い争いがないので、ネストっぽく気持ちよく見られる。
そんなこんなで、船の上でドラマがあったり、ネストがあったり、
結婚式があったり、いろいろあります。
個人的には結構面白い。
そして、タルラ・ライリーちゃんが可愛い。
しかし、ネストはちょっとかわいくない。
ネストスネストって感じでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。